あすたニュースNEWS

ひきこもりによる焦りや不安

2019年2月20日
  • コラム
ひきこもりによる焦りや不安 イメージ
ひきこもりの状態は、とりあえずの安定や安心を保つことができるとされています。
しかし、当事者自身の心には焦りや不安がいっぱいでもあります。

とくに家族が高齢となって経済的な心配や、長期のひきこもりと加齢や健康上に問題によって
不安や焦りは一層高くなります。

「早くひきこもりから抜け出したい」、「自分に残された時間はないんじゃないか」と思ってしまい、
焦り過ぎてしまうことは多いです。

とくに長期のひきこもり状態の方が、いきなりフルタイムで働いたりするのは、
変化の度合いが大き過ぎてつらくなってしまうでしょう。

ひきこもりから抜け出すためには、スモールステップの目標から始めましょう。
正社員を目指すよりは短期のアルバイトというようにスモールステップの目標を一つ一つ達成し、
少しだけ現在の状況を変えてみるとよいでしょう。

ひきこもりの状態というのは、自己効力感が低下している状態でもあります。
ひきこもり状態から焦って一気に進もうとせず、少しずつできることを増やしたり、
自信をつけていくことこそが、ひきこもりから脱するための近道なのです。


あすた足立では、就労する力を身に着けるためスモールステップでプログラムを提供しています。
皆さんも一緒に取り組んでみませんか?